09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
プロフィール

ちょろ815

Author:ちょろ815
中3の男子の母をしています。
趣味は洋裁(大人服、子供服)羊毛フエルト、バッグや通園通学雑貨など。
ミシンが大好き、作るの大好き。
ミシン4台(ジャノメスーパーセシオ・衣縫人BL675・JUKI SPUR25DX・トルネィオHS-700)並べて縫ってます。
無職専業主婦。暇はあるけど、その暇を生かしきれていません。
6畳1部屋布だらけの侵入困難な布部屋がありますが、老前整理にその布を消費し尽すべく布在庫消費マラソンに取り組んでいましたが、一昨年はポジャギに魅せられ、去年からはパラグアイのレースニャンドゥティにはまり、今は目が見えなくなるほど苦手だった針を握っています。ミシン達がちょっとかわいそうな毎日です。
また、関目のSimple Boxさんにて手作りしたものを委託販売しています。

最近の記事

最近のコメント

カテゴリー

FC2カウンター

FC2ブログランキング

FC2ブログランキング

リンク

月別アーカイブ

ブログ内検索

RSSフィード

芸大のセミナー「アートの力で、子どものこころを育てよう!」

2010.07.06 15:07|子供
昨日も縫う縫うといって縫わずに寝てしまい、今日は
大阪芸術大学主催の公開セミナーに行ってきました。
はい、また今日も縫いネタではなく子どもネタなのでスルーされる方はどうぞ~~

講演会で、講師は 大阪芸術大学初等芸術教育学科教授 渡邊 純 先生です。

もちろん存じ上げませんでした^^;;
地下鉄のホームの広告を見て応募しました。
子どもが1才半から一時保育付きセミナーを(育休後の保育所に慣らす目的で)受けまくってた血が騒ぐというか・・・(ピーク時は一ヶ月にセミナー15回とか参加してました、1日2つとか・・)
なんだか楽しくなりますね。ちょっとお勉強するのは。

さて、内容ですが、どんなこと話してくれるのかなーと思ったのですが、結論としては、あんまりアートとは関係なかったかも^^;;

育児セミナーのようでした。
全部うまく伝えることはできませんが、ノートにもこころにも残ってたことを少し書き留めておきます。

・子ども、男(父親)にとっては、はじめっから別のものであるが、母にとっては、自分の体から出てきたため分身であると思う。なので父と母では子どもに対しての気持ちが違う。ひとにより時期はいろいろだがもう別のものなのだと思う時期がいつかやってくる。

・赤ちゃんは、おっぱいは誰のもの?自分の指をかむと痛いけど、おっぱいをかんでも痛くない。そして自分と自分でないものの区別を感じていく・・・。

・子どもは誰が教えるわけでもなく、おっぱいを飲む。おっぱいのにおい、やわらかさ・・・心地いい気持ちを覚えている。抱っこして少し揺らしてくれるあの気持ちよさを覚えているから電車の中で寝てしまう。

・歩き始めると、子どもはなんでも自分でできるような万能感に満ち溢れていくものであるが、なぜ親は、自分のしたいことを阻止するのか。基本的なしつけをするのはこの時。これは覚えて欲しいということ・あぶないこと・もっと練習してできるようになろうねってことについてしつけましょう。でも、ほどほどに。完璧を子どもに求めてはいけない。(なんで何べん言ってもわからへんねん!なんて・・)

・子どもの意思を尊重するというのは、大きくなってから。小さい時にやってはだめ。あまりに小さい時にやると子どもが王様になってしまう。親が召使になってはダメ。家の外でもそれが通ると思い他人とぶつかる。(公園でわるいんやけど~うちの子にそのおもちゃかしてやってくれへんやろか~なんていう親がいる。^^;)

・幼稚園の頃から表情にださなくても、他の人はこう思ってるかもしれないということを想像することができるようになってくる。

・なにかをやってできたら面白い、できなかったら面白くない。でもできなかったらこつこつやってできるようになるとうれしい。こうなるかもしれへんやろ?っていうのは言ってもわかってもらいづらい。勤勉性をうえつけ、体験・経験をさせてわからせることが大切。

・なにかをして怒るとき、声の調子・テンポ・ジェスチャーが心に残る、怒られた内容より怒られたことが残るので言い方に注意。

・老人ホームで・・・昨夜何食べたかなぁ??はOK,食べてない!!は認知症。




アートっぽかったのは・・・・
後半、二人組みになってするスクイズゲームというロールプレイ
(もちろん1人で参加してる人が多くて、見知らぬ人と)
片方が紙に自由な線を書きます。
相手の書いた線を使って自由に絵を描きます。
交替します。
気が済むまで交替して書きます。
(私達は3枚づつ計6枚書きました)
その中で4枚選びます。
その4枚の絵でおはなしを作ります。
みんなの前で発表します。←これやったのは一組だけでしたけどね。

    はずかしいので、UPできませんけど^^;楽しかったです。
    お隣の紀子さまのようなべっぴんさんありがとう~^^

こういうのを、まだ自由に字がかけない子どもとでも、一緒に書く時間を共有すること、最後にお話をつくってまとめるということ、子ども達の素直なアートなこころを磨き育てるためにはそれを感じ取れる力を持った大人の力が必要と・・・パンフレットに書いてありました^^;

また、この教授芸大付属幼稚園の園長先生もしておられて、なんともやさしい感じでした。大体芸大に幼稚園があることも知りませんでしたが^^;;どんなお子さんが通ってるんだろうな~~~。

今夜は子どもと、この4枚のお話を作ってみたいと思います。
できるなら、パパと子どもでやって欲しいんですけどね^^;;;(まだ和解しておりません^^;;;)

  昨日の記事に鍵コメくださった方々ありがとうございました。この場をかりてお礼申し上げます。

ブログランキングに参加しています。ひとぽちくださるとパワーでます。
  ↓  ↓


こっちもポチッっとお願いします。縫いモチパワーアップします。布在庫も減ります。
   ↓  ↓
人気ブログランキングバナー

スポンサーサイト

テーマ:こどもと一緒に♪
ジャンル:育児

一生しゃべらない!

2010.07.05 00:58|子供
今日は縫えていません。
明日からは縫う予定^^;;;

よって・・・今日も縫いネタは、なしで、子供ネタです。
どうぞハンドメイドの方はスル~しちゃってください。

********

続きを読む >>

テーマ:小学生の子育て♪
ジャンル:育児

子供なりの解決策

2009.06.30 04:07|子供
縫いモチダウン中につき縫いネタがございません。

雨が激しく、窓を開けて寝るとベッドが雨で濡れてしまうのでエアコンつけてたら目が覚めました。

寝る前に書こうかなーどうしようかなーと思ってたんだけど、
子供のことで、ちょっと残しておきたかったので、やっぱり書いておきましょう。

1週間ほどまえのことです。

うちの小学校は放課後『いきいき』という名の学童保育のようなものがあり、
そこにスイミングのある日は放課後その時間まで参加させているのですが、
いろんなことがあるみたい。

同じ幼稚園から来た子、違う幼稚園や保育園から来た子、
1年生が圧倒的に多いけど、上級生も混じって、元校長先生などの指導員の先生と
いろんな遊びもやっています。

そこで流行ってるのが塗り絵。
ポケモンの塗り絵をコピーしてるのがあってそれにみんな塗り絵をやってるといいます。
裏はなにかの印刷をしたものなのであんまりきれいじゃないけど十分。
帰る時は折ったらだめーーー!と大事に持っています。

家にポケモンの塗り絵があったので、「これ持って行こうかな」というので、いいよと言ったのですが
「ここは〇〇ちゃんが塗った。XXちゃんも塗らしてって言った」というので、
「〇ちゃんが嫌じゃなかったらいいんだよ、塗らせてあげれば?」といったのですが・・・

「△君が、このXXXが好きやから塗りたいからコピーしてきてっていうねん」って言うのです。
「じゃぁFAXのんでやれば?スキャナーでは?」というと
「FAXのでやる」と、自分でしたのですが、すでに塗りかけてるところは黒くなっています。
せっかく塗ったところを一生懸命消しゴムで消すのですがそんなに消えません。

「だめだ・・・やっぱりコンビニで10円でコピーしないと・・・・」
「それはだめだよ、やってと言われたからって、〇ちゃんがお金払ってそんなことしたら。」
「でもコピーしてきてって言うんだもん。〇ちゃんママのアルバイトしたお金500円くらいあるから
10円や20円いいんだよ」
「それはいけないよ、ママいきいきの先生に相談しようか?」
「それはダメ!ママに言ったらあかんってゆうた!『いきいき』の先生にも言ったらダメ~!!
△君におこられる」

「パパはどう思う?」と聞いてみた。
「パパも〇ちゃんがコンビニでコピーするのはダメだと思うな。コピーしたいのであれば
その△君がお金を払えばいいんじゃないか?塗り絵の本を貸してあげなさい。
貸してあげる人がお金を払うのではなく、借りたい人がお金を払うというのが世の中だ。
ママに言ったらだめとかいってお金を使わせる子はいい子じゃないぞ、そんな子とは遊ばなくていいぞ」

(遊ばなくていいということにはふれず)
「塗り絵貸してあげることにする」と息子は言った。

そして、いきいきに行かなかった日が続いたりして、そのことは忘れていた。

今日、スイミングに行ったら、もしや塗り絵の△君かな?とひと目で思う子がやってきて、
私の横で座ってる息子の頭を意味もなくぐりぐりっと押さえつけて、ケッっと笑って向こうへ行った。

「あれ△君?」
「うん」
「あんまりいい子だとは思わないな。いきなりなんでそんなことするんだろ。別に一緒に遊ばなくていい子だとママも思うよ。」
(無言)
「いやだろう?あんなことされて」
「別に頭痛くないし」

「で、塗り絵の件はどうなってん?」
「あれはもういいんだ。もう塗り絵は塗ってしまったから、コピーしても黒くなるから塗れないんだ。
もうコピーしてとは言われないだろ。」

日曜の夜、そして今朝と、早く寝ろといっても着替えろと言っても、
なんで今頃塗り絵なの?と言っても無言で塗っていたのはこのためだったのか・・・・。

ちょっとした子供の問題に親が口出しをすべきでない・・・ともいうが、
まだ1年生、こんなことに始まって将来かつあげされる子になっちゃだめだと思うし
最初が肝心・・・・、親や先生には言うなって・・・もうそんなこという子がいるんだなと思うと
ちょっと怖くなったりしたけど・・・・

子供は子供で自分なりのベストな解決策をみつけてくれて良かった。
私も親として思いつかなかった子供の作戦に、ちょっぴり感動した。

う~~ん、子供は日々成長してるなぁ・・・・。

ちょっとそこらへんの公園で友達と遊ぶというようなことがない環境なので、
『いきいき』には友達関係の修行の場所としてこれからも行って貰いたい。

これからの人生、いろんなことがあるけど、乗り越えていける知恵と力をつけてくれ。
そう思った母でした。


ブログランキングに参加しています。ひとぽちくださるとパワーでます。
  ↓  ↓


こっちもポチッっとお願いします。縫いモチパワーアップします。布在庫も減ります。
   ↓  ↓
人気ブログランキングバナー

テーマ:小学生の子育て♪
ジャンル:育児