03 | 2017/04 | 05
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -
プロフィール

ちょろ815

Author:ちょろ815
中3の男子の母をしています。
趣味は洋裁(大人服、子供服)羊毛フエルト、バッグや通園通学雑貨など。
ミシンが大好き、作るの大好き。
ミシン4台(ジャノメスーパーセシオ・衣縫人BL675・JUKI SPUR25DX・トルネィオHS-700)並べて縫ってます。
無職専業主婦。暇はあるけど、その暇を生かしきれていません。
6畳1部屋布だらけの侵入困難な布部屋がありますが、老前整理にその布を消費し尽すべく布在庫消費マラソンに取り組んでいましたが、一昨年はポジャギに魅せられ、去年からはパラグアイのレースニャンドゥティにはまり、今は目が見えなくなるほど苦手だった針を握っています。ミシン達がちょっとかわいそうな毎日です。
また、関目のSimple Boxさんにて手作りしたものを委託販売しています。

最近の記事

最近のコメント

カテゴリー

FC2カウンター

FC2ブログランキング

FC2ブログランキング

リンク

月別アーカイブ

ブログ内検索

RSSフィード

輪っかのリブニットで台所マット

2014.08.24 12:27|編み物
おはようございます。(と、書いてから掃除をしたらお昼です^^;)

なんとな~~く勉強しながら、眠くなったら寝る。の毎日です。但し、勉強時間少なっ!^^;
以前はかなり資格マニアだった旦那に、「やる気がせぇへんねん、今度はあかんわ」といったら、「とにかく過去問やれば」と言われましたが、やる気になる方法を教えてもらいたい・・・・。

そんな感じで、日中は時間はあれど勉強もせず、かといってミシンもしてない。
逃避行動ともとれる家事に費やす時間多し。^^;

昨夜10時も過ぎて、今頃から裁断でもミシンでもないわなぁ・・・と思いつつ、重い腰を上げて布山の和室を覗いたら、2~3年前姑にターバンを作った残りのハギレが私を睨んだ。元々安いサンプル生地だったんだけど色違いで何枚かくっついてて、残りの色は今となっては使いようもなし。こうやって、また今日も視線をさけて襖を締めると、また次回まで布はそこから出ていくチャンスを失うわけです。こんなことを思ったのも、姑の命日だからかな・・・と思い、そのこげ茶と黄緑の生地を持って和室を出ました。

姑の遺品の布草履を編む太いかぎ針を出して、そのハギレを切りながら細編みでちょっと編んでみる。
久しぶりに編み物などすると、またちょっと楽しい。
あっという間に少しの生地はなくなり、まだなんとも言えないひもレベルの物体しか出来上がらない。
これも姑と生地の供養と思い、手ごろな生地を探す。そういえば、ここらへんの袋に白の輪っかのリブがあったなぁと思い袋から出してみる。ずっしり重い。とりあえずまだ子供の衣類はオールハンドメイドなので、下着のシャツの首回り用に買った物だけど、10m以上はあると思われ、一生分あるな・・・・こんなにいらんな・・・・と思ったので続きはこれに決定。

なにせ輪っかのニットなので、細く切っていくとねじれてくるのでめんどくさいのだけど、継ぎ目がないというのは利点。編んでばかりだと指が痛くなってくるので適度に休憩がてら布を切り、また編む。

3時間ほどかかって、小さめだけど、台所マットが完成。
この凸凹感が好きなんだよね~。

IMGP8305.jpg

アハハ、ちょっとだけ色柄って・・・・^^;
ま、いいか。

なんとなく姑つながりで、手芸好きだった姑の供養のつもり。

昨日は姑コーナーにお花も買い、線香も焚き雰囲気盛り上げたつもりだけど、息子である旦那も孫である息子も、「今日は何の日だ?」って聞いても、しばらく考えて、「わからん・・・・」 ま、そんなもんです。

順番からいくと私が一番に逝くんですが、こんな家族なので全くあてにしていません。
もちろん東京のお墓になど入るつもりはありません。
息子も前々から、「梅旧院に入るからな~」なんて言ってるけど、(私が言い出しっぺではあるのですが)
最近のCMには、かなり化粧の濃いきれいな着物姿の御婦人が・・・
昔のアパホテルのCMみたいに、着物の人が経営者だとしたら、この人の着物代に?って思うとなんだかね~~~。
お墓のCMにこの人出てくる必要ある?って思うと、やっぱここもパスだなって思います。

なんか辛気臭い話になってしまいました。

繁殖の終わった個体は死んで当たり前の時代から飛躍的に寿命が延びていますが、
私は特に長く生きてしなくてはならないことも、したいこともないので、ぼちぼちでいいです。
そうはいっても、自分も最期はあがくのかな?と思うけれど・・・、死に方が問題かな・・・・。
2年前、姑を看取れる状態でありながら、病室にいなかったわけを息子に昨日きいたら、
旦那と息子、高校野球を見てたそうで、この二人には全く期待できないなと思うわけです。
平たく言って、「ド薄情者!」

家系的に、がんなのか、脳梗塞なのかってところですが、がんのほうがいいなぁと思います。
昨日はテレビで「採血で13種類のガンがわかる」というのが数年先には実用化されると言っていましたが、
それについてたけしが、ガンとわかったらひやひやして生きていくのはいやだというようなことをコメントしていました。
私も同感です。
姑は手術をし、抗がん剤治療も何度もし、また手術もし、ホスピスで亡くなりました。
今となっては聞くこともできませんが、手術できれいさっぱりとれましたと説明された時は私もよかったと思ったけど、後の苦しみを考えると、どうなんだろうなと思います。

より一層辛気臭い話になってしまいました。

でも、お盆やら命日やらで、こんな時くらいは、人生最期の日について、考えてみてもいいのではないかなと思います。

とりあえず、目の前の布山をなんとか無くして死なねば、捨てられるのはわかっているんで布が浮かばれませんから、布在庫消費につとめるというのが、終活の第一歩^^;

ブログランキングに参加しています。ひとぽちくださるとパワーでます。
  ↓  ↓


こっちもポチッっとお願いします。縫いモチパワーアップします。布在庫も減ります。
   ↓  ↓
人気ブログランキングバナー

スポンサーサイト

テーマ:趣味と日記
ジャンル:趣味・実用

コメント

お盆の季節

お盆の季節はどうしても、故人のことを思い出されますね。

我が家はただ今、義母の介護の真っただ中です。認知症85歳です。
去年の暮れに大腿骨骨折と胆管結石で入院して‥‥もう寝たきりかもと夫と退院後のことを真剣に相談しました。しかし、2月に退院して復活しました。歩行器も返却して、普段の生活に戻りました。(*^o^)人(^-^*)♪ うれしい誤算です。
認知症ですが、トイレが自力でいけるのでありがたいです。トイレと下着のチェックは欠かせませんが‥‥(^^;) 後、どれくらい一緒の暮らしていけるか分かりませんが、きちんと最後まで冷静に向かっていけたらと思います。

私の両親が介護と縁がない歳で逝ってしまったので、義母が最後の親孝行になりそうです。悔いが残らないようにしたいと思います。

なりこさんへ☆

お姑さんの介護お疲れ様です。
話ができる旦那さんであり、介護してあげたいお姑さんでよかったです。
うちの母は元気なんですが、舅が要介護になった時どうすべきか、同居している義弟との関係も含め悩み満載です。

あ~~~きっとお気楽生活ももうちょっと・・・かもしれないんで、早く布を片付けよう~~~。
なりこさんはお片付けが終わってていいですね~~。
非公開コメント